在蘭邦人相談窓口のブログ

オランダにある、日本人のための相談窓口。オランダ生活で分からないことがあればお気軽にご相談ください。相談無料。秘密厳守。

テイラーズ・ミュージアムに行ってきました(^^

f:id:Jhelpdesk:20190216184426j:plain
Teylersmuseum
友人の誘いを受けて、ハーレムのテイラーズ・ミュージアムに行ってきました!

<写真挿入>

巨大なミュージアムと違い、こじんまりとした18世紀のオランダをそのまま
体験できるようなホールの数々が印象的です。

現在、特別展示されているオーストリアの植物画家フランツ・バウアーと兄弟の
フェルナンド・バウアーの絵の展示は、細かなところまで顕微鏡で観察された
印象に残る絵でした。

この特別展示会”200 Soorten Groen"は5/12まで。
ミュージアムカードがあれば、何度でも見に行きたくなるほどでした(^^

テイラーズ・ミュージアムの公式サイトはこちら↓
https://www.teylersmuseum.nl/en


P香

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村にほんブログ村に参加しています。





20180108232417



★ 在蘭邦人相談窓口ではスポンサー企業を募集しています。ブログランキング上位の当ブログに広告を出してみませんか?
  詳細はjhelpdesk@live.nlまでお問い合わせください。


★ ボランティアメンバー募集中 

オランダ、フリースランドのうなぎの燻製

皆様、新春のお慶びを申し上げます。
寒さは、あと少しの辛抱。木々の新芽も春の訪れを待つこの頃です。

バスとエッケは今朝もまた、昨日引き上げたばかりのうなぎを燻製機にかける仕事に取り掛かります。まだ暗い早朝の六時。下着を何枚か重ね、ちょいとぶかぶかのズボンを履けば準備は完了です。帽子を深く被ると早速裏庭の仕事場へ出向きました。今朝は霧でもやって隣の農場さえ見えません。冷たい空気はチリチリ頬を刺し、フーと吹けば白い息。手袋を嵌めるとまずはひと仕事、朝食はそのあとです。ワイフをあてにせず、相棒のエッケとうまいコーヒーを沸かしましょう。生みたての、手に乗せるとまだ体温が残るような卵を半熟にして、地元フリースランドのチーズ、それに黒パンは、あの穀物のつぶつぶが、それも歯ごたえのしっとりとしたやつが好みです。これにバターをたっぷり塗って、あとはブラックコーヒーさえあれば何も言うことはありません。

仕事と朝食で1日が始まる、これがどんなに楽しいことか、わかりますか。

見てください、このうなぎ(たち)。燻製になると少々縮みますがね、でもこの黄金色。何ともいえません。実はうなぎだけでなくサーモンも燻製にしますよ。

f:id:Jhelpdesk:20190209205259j:plain
eel

とは、気の向くままに書いたフィクションです。ここからが本当の物語。


今朝は雪がちらつきました。午後には気温が上がり小降りの雨。またアムステルダムです。運河のあたりから鐘の音がガランガランと、それも大層リズミカルに響いてきました。
まだ遠くて何も見えませんが、明らかに「お知らせ」の鐘の音なのですね。その正体を発見した時には驚きました。運河の真ん中をゆっくり行く小舟。もくもくと煙を吐いて、船のお尻には黒板をぶら下げています。白のチョークで何か書いてありますが遠くからでは読めるはずもありません。その大声はワーワーいうだけでこれも判らない。それが物売りだと気がついたのは、私が船に追いつこうと歩調を早めたからでした。声を枯らして運河で鐘を鳴らす商売とは、このご時世に? その昔子供の頃、夕方になるとやってきた「豆腐やさん」は細長いラッパを吹いていたのですよ。思わず懐かしさで目が離せなくなりました。

船の横に貼ってあるプレートがやっと読めました。「フリースランドのうなぎの燻製」。何が良いといってその商法が素敵です。船には燻製にするための筒が後部に取り付けられ、煙の出所が確認できました。おもわず傘をさした手を「おーい」という具合に上下させると、バスは「よっしゃ」と言ったかどうかはともかくも、こちらに気がつき「ちょいと先の、あそこらに止めるから」とサインを返してきました。デ・ドーレン・ホテルの裏側の岸壁(!)に寄り、運河壁に取り付けられた専用の鉄のバーに縄を巻きつけて小舟を固定しました。

今日は何がお勧めかと聞きますと、「君はこの近くに住んでいるの?俺たちのところで買ったことあるでしょ。初めて!妹とかいない? そんなものもいない!それなら人違いだ。商売は半年になるからね。ではやはりうなぎファンかい。え、そうでもない。そりゃこまったなあ。今日はうなぎ、それとサーモンがあるよ。ここの燻製機にまだ入っているんだ」。煙吐く筒をあけて見せる。あるはある、切り身がいくつも並んでいました。そうこうするうちに、野次馬が集まります。こんなお店やさんは近隣国ではなかなか見られるものではありません。通りすがりの旅行者は写真を撮ります。そこで私は岸壁にしゃがみ込んで、おもむろに財布を取り出すと(バスおじさんの腕の高さに合わせるとおのずと姿勢が低くなる)1枚の紙幣で、うなぎ2本とサーモンふた切れを受け取りました。

オランダの珍味、うなぎの燻製で新春に乾杯しましょう。サーモンもなかなかの美味でした。

f:id:Jhelpdesk:20190209205544j:plain
ekke
掲載した写真。帽子の紳士はバスおじさん。白ひげはエッケおじさん。

私が遭遇したときのコンビはバスとハンスおじさんでした。
バスおじさんは「うなぎ」という日本語を知っていました。「燻製」という日本語もついでに伝授しておきました。
           

2019年2月 高橋眞知子

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村にほんブログ村に参加しています。





20180108232417



★ 在蘭邦人相談窓口ではスポンサー企業を募集しています。ブログランキング上位の当ブログに広告を出してみませんか?
  詳細はjhelpdesk@live.nlまでお問い合わせください。


★ ボランティアメンバー募集中 

日本語会話オープンデー(15金)

Japan Women's Clubより、オープンデーのお知らせです。



f:id:Jhelpdesk:20190201224255j:plain
JWC JP会話オープンデー

日本語会話オープンデーのご案内です。

2月15日の日本語会話はオープンデーです。
通常、月に2回行っている日本語会話は、体験参加の後JWCの会員になられた方のみで実施していますが、
年に数回開催しているこのオープンデーは、会員以外でも自由に参加できる日本語会話です。

日本人も外国人も自由に参加できる日ですので、外国人メンバーのお友達などが集まり、毎回賑やかな会になっています。

【日時】
2月15日 10時半~12時半
【場所】
囲碁会館 JCCルーム
受付:10:15~

体験参加はいつでも受け付けております。
日本語会話に興味のある方は下記アドレスへご連絡下さい。
jwcnihongokaiwa☆gmail.com(☆を@に変えて下さい)
皆さまのご参加お待ちしております。

参加費:無料(ドリンク代2~2.5ユーロ程度ご負担いただきます。)

日本語を習っているが話す機会のない人、日本語を専攻している学生、日本に住んだことのある人、日本の文化に興味を持つ人達と、簡単なテーマを決めて日本語で2時間ほど会話をします。もちろんテーマ以外の会話でも構いません。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村にほんブログ村に参加しています。





20180108232417



★ 在蘭邦人相談窓口ではスポンサー企業を募集しています。ブログランキング上位の当ブログに広告を出してみませんか?
  詳細はjhelpdesk@live.nlまでお問い合わせください。


★ ボランティアメンバー募集中